コンディショナーもノンシリコンじゃないと意味がない?

コンディショナーもノンシリコンじゃないと意味がない?

一般的なシャンプーは、コンディショナーやトリートメントも一緒のシリーズで使ったほうが効果的だと言われています。
ノンシリコンシャンプーを使う場合は、トリートメントやコンディショナーはどうすればいいのでしょうか?

ノンシリコンにこだわるならコンディショナーもノンシリコンで

まず、ノンシリコンシャンプーの目的は、シリコンが頭皮の毛穴に詰まったり、髪のコーティングとして覆われてしまうことを防ぐためです。
そのため、確実に頭皮や髪にシリコンを残したくない場合は、シャンプーと共にコンディショナーやトリートメントもノンシリコンを選ぶほうが良いでしょう。

しかし、ノンシリコンシャンプーとセットになっているコンディショナーを使ってみると、実際にはシリコンが使われていることも少なくありません
もちろんノンシリコンのコンディショナーやトリートメントもありますが、気に入っているノンシリコンシャンプーとセットのコンディショナーがノンシリコンでないことも多いのです。
その理由は、やはり髪をしっとりさせたりまとまりやすくするためには、シリコンが最適な成分だからなのでしょう。

髪を保護するにはシリコンも必要

髪や頭皮を洗浄する目的のシャンプーなら、ノンシリコンでもいいのですが、髪をしなやかに仕上げてしっとりまとめる、サラサラにするなどの目的のあるコンディショナーやトリートメントには、シリコンのような保護する成分が必要であると言えます。ノンシリコンのコンディショナーやトリートメントでは、髪が理想の仕上がりにはなりにくいと言った感想を持つ人もいることでしょう。
また、シリコンは熱に強いので、ドライヤーで髪を乾かす時の熱から守ってくれるのです。
ノンシリコンのコンディショナーやトリートメントの場合、そういった熱から髪を守れなくなり、傷みやすくなってしまうデメリットもあります

シリコン入りのコンディショナーやトリートメントは頭皮につけない

実際に、シャンプーはノンシリコンを使っている人でも、コンディショナーやトリートメントはシリコン入りを使っている人は多いでしょう。
ただ、その際には、コンディショナーやトリートメントは頭皮に付着させず、髪の部分だけに使用するようにすれば、シリコンによる頭皮への影響をできるだけ抑えることができます。
ノンシリコンかシリコン入りかは、目的やご自身の体質に合ったものを選ぶようにしてください。

トップへ戻る