ノンシリコンシャンプーの危険性は?

ノンシリコンシャンプーの危険性は?

シリコンを取り除くことで、頭皮や髪にいいと言われているノンシリコンシャンプーですが、返って抜け毛が増えたり髪がきしんだりするという人も増えてきています。
ノンシリコンシャンプーを使い続けることによる危険性はあるのでしょうか?

シリコン入りシャンプーは本当に悪いのか?

ノンシリコンシャンプーは、シリコンが髪や頭皮に与える悪影響を減らすために生み出されたものです。

シリコンの入っているシャンプーは、髪の表面を保護するものですが、それが頭皮の毛穴につまったり、ヘアカラーやパーマ液の薬剤の化学成分を閉じ込めて、髪の内部に成分が残ってしまう危険性がありました

もちろんそういう危険性があることも無視できませんが、それでも、髪の表面を整えて保護することによって、シャンプーの時にすべりを良くして洗いやすくしたり、頭皮を保湿して保護する役目もあるのです。

ノンシリコンシャンプーを使うことによって、シリコンの保護がなくなることで、頭皮を傷つけたり乾燥させてしまったり、シャンプー時の髪の摩擦によって髪が傷んでしまう危険性もあります。

ノンシリコンシャンプーの危険性

もちろんノンシリコンシャンプーを使うことによって、頭皮の状態が改善したり髪質が良くなった人もいます。
ただ、ノンシリコンシャンプーの種類が増えたり、使う人が増えることによって、商品との相性も出てくるので、逆に抜け毛が増えたり髪が傷んだりする可能性もあることは避けられません。

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを取り除いてあるシャンプーですが、シリコンを入れない代わりに、別の成分が入っていることもあります。
今までシャンプーを使っていて、特にトラブルがなかった人でも、新しい化学成分が入ったノンシリコンシャンプーを使うことによって、今まで起こらなかったトラブルが発生する恐れがあります。

また、ノンシリコンシャンプーでも洗浄力が強いことには変わらないものも多いので、洗浄力はそのままで、保護してくれるシリコンがなくなったことによって、洗浄力の刺激が頭皮や髪にダイレクトに伝わる可能性もあります

ノンシリコンシャンプーは価格が高いこともあり、一度購入したものは使い続けたいという思いから、自分の髪質や体質に合わなくても無理して使い続けてしまうこともあります。
その結果、頭皮や髪に良くない影響を与え続けてしまう可能性もあるので、ノンシリコンシャンプーを使う場合には、自分に合ったものかどうかを見極める必要があるでしょう。

トップへ戻る