ノンシリコンシャンプーが高額な理由

ノンシリコンシャンプーが高額な理由

ノンシリコンシャンプーのことを調べれば調べるほど使いたくなってきました!

でも気になるのがお値段・・。
いつものシャンプーならメジャーなものでも500円くらい、高くても1000円以内には収まるのに、ノンシリコンシャンプーはお手頃なものも出てきていますが、いいものは2000円とか3000円とか、普段使いにはちょっと気が引けますね。

シリコンを使っていないだけなのにどうして値段が高くなってしまうのかな?
と、思って調べてみるとノンシリコンシャンプーはただシリコン成分を除いただけではないんですね。

化学薬品を使いたくないのなら、天然成分のせっけんシャンプーやリンスを使えばいいのですが、これらは使用感が悪いものも多く、髪を洗うにもシリコン入りのようになめらかに指が通らず、リンス後もきしみやすいことが多いです。

ノンシリコンシャンプーは、シリコンを使っていなくてもシリコン入りシャンプーと同等の使用感や仕上がりを持続させるために、安価なシリコンに代わる成分を使用するため、必然的に値段が上がってしまうのですね。

お手頃価格のノンシリコンシャンプーには例の「ラウリル硫酸」が含まれていることも多く、これも安価なものなので値段を抑えるとこういったヘアケアの悪化につながる成分を使わざるを得ないようです。
高いものが必ずしも良いものとは限りませんが、頭皮や髪に良い成分を追い求めるとどうしても値段が上がってしまうのは避けられないようです。

トップへ戻る