シリコン入りシャンプー

シリコン入りシャンプー

わざわざ「ノンシリコンシャンプー」と銘打つからには、これまでのシャンプーにはシリコンが入っていることが前提ですね。 
まずはシリコンについて知らなくてはいけません!

シリコンとは「シロキサン結合による人工高分子化合物の総称」らしいですが、化学的な説明はおいといて、これが入っているシャンプーを使うとどうなるかというと、髪の毛の表面のキューティクルに付着してコーティングしてくれるのです。
そうすると手触りがサラサラになったりツヤを出してくれたり枝毛をくっつけてくれるので、てっとりばやく髪の毛がきれいになります。

でもシャンプーは汚れを落とすためのものだからシリコンは必要ないんじゃ・・?とも思ったんですが、シャンプーの使い心地は泡立ちのなめらかさや、指通りも重要ですよね。
シリコンはそういう使い心地にも効果があります。無添加のせっけんシャンプーは洗ってる途中でキシキシ感を感じますね。

でもシリコン入りシャンプーとは言っても、シャンプーのボトルの成分表に「シリコン」と書いてあるわけでもなく、「ジメチコン」「シロキサン」「シクロメチコン」「シリカ」「シリル」等の成分表示にすべてシリコンが含まれているのです。
家にあるシャンプーボトルひっくり返してみたらだいたい載ってる!

シャンプーだけでなくリンスやトリートメントなんかにも、コーティング剤としてシリコンが含まれているみたいです。

商品名を聞けばシャンプーだとわかるようなメジャーな商品、たとえば花王のエッセンシャルアジエンス、資生堂のマシェリなど、これまで使ったことのあるものにはみんなシリコンの成分が含まれていました

でも、シリコンの含まれたシャンプーが体に悪いわけでもなく、一時的にでも髪をサラサラにしてくれるなら、使い続けてもいいんじゃないかな・・?
その疑問を解決すべく、次にシリコン入りのシャンプーのデメリットを調べてみました。

トップへ戻る